ongakuya.work

音楽展示:創作音楽

TKG THEME(DEMO)

♪ongakuya.work media player ver.4
再生リスト
リモコン
再生リスト
Track 1
TKG THEME(DEMO)
Title
TKG THEME(DEMO)
Track・Time
T1・
※この作品は、フリー素材ではありません
初期音量(ボリューム)は70%に設定されています。必要に応じて調節してください。
再生ボタンを押してください。音量初期設定70%です。

リモコン

※このデータは、作曲当時に参考用としてパパッと作ったデモ音源です。自力演奏ですので、ミスタッチやお遊びはご容赦ください。

2004年作曲。専門2年の頃、同学年の演奏系学科の学生全員の中からランダムで組まれた6人程度のグループでオリジナル曲のアンサンブルをし、期末試験は“公開ライブ形式での審査”という授業が1年間ありました。
我がグループの担当顧問は、エレキベースをかっこよく弾く、太陽のような(色々と全開の)笑顔が印象的な、見た目がラテン系の先生(日本人男性)でした。
大半の作編曲も担当していた自分は、あるとき、顧問をテーマにしたサンバ風の曲を捧げることにしました。

編成は、管楽器がサックス・トランペット・トロンボーン各1人。(サックスはSATBなんでも吹いてくれました)
鍵盤が、電子オルガン2人とピアノ。あとは、エレキベース(顧問)とドラム(ゲスト)です。
曲の構成やコード進行はいたってシンプルですが、“管楽器3人 vs. 鍵盤楽器3人”という構図を表に出しました。
ちなみに、真ん中(1:49〜3:09)は管3人のアドリブリレーで、大サビの前の部分(3:41〜3:57)はトランペットをトップにした管3人のブロック奏です(が、このサンプルではM.O.C.でラクを…)。

試験の時は先生が勢い余ってラストのユニゾンでアドリブを弾いたり、管ブロック奏からの大サビ管ユニゾンが予想以上によかったり、そこでドラムさんがスティックを指先で回していたのがかっこよかったり。
ライブ収録の音源がないのが残念ですが、おかげさまで優秀賞に選ばれ、表彰していただきました。
頭に残っている数少ない専門時代の思い出のひとつです。

2018.1.30公開